FURUKAWA DESIGN OFFICE

株式会社フルカワデザインオフィス一級建築士事務所
東京都渋谷区上原2-1-11-4F  tel 03-6804-8373 info@furukawa-d.com

※設計スタッフ募集中。ご希望の方はプロフィールを添えてメールでご連絡ください

011.jpg

Wood House

木の家

家の内外にさまざまな木をふんだんに使った家。木に触れ・香り・花や紅葉を楽しみ・果実を味わうなど、5感のすべてを通して身近な自然と触れ合ます。2階に天井の高い開放的なリビング、地下は寝室・書斎となっています。1階の子供室は隣地の緑を窓いっぱいにとりこみ、素肌にもやさしいコルクの床でのびのびと過ごせます。

  所在地:東京都
  構造規模:RC+木造・地下1階地上2階
  竣工:2006年
  施工:株式会社コラム・TOMO'S GREEEN
  撮影:わたなべスタジオ

003-2.jpg

020.jpg

012.jpg013.jpg

016.jpg

014.jpg017.jpg

016.jpg

019.jpg

B002.jpg

018.jpg

IMG_0500.JPGDSC_0108.JPG

IMG_5579.jpgIMG_5631.jpg

IMG_6843.jpg

023.jpg

IMG_6875.jpg

IMG_6873.jpg

DETAIL

オーナー

30代ご夫婦+子供3人
弁護士

敷地

JR中央線沿線の閑静な住宅街。隣地は広大な果樹園。

ご要望

親世帯・子世帯の2軒の家を1つの敷地に建てる計画だが、それぞれのプライバシーも確保したい。非常に機能的かつナチュラルな家にしたい。また、隣地の果樹園の眺めを生かすこと、将来の使い方の変化に対応できる家を、とのことでした。

計画

1つの敷地を2つに分割し、親世帯と子世帯の家をそれぞれ建て、1つの大きな門と共有の中庭からアクセスする計画としました。
入口側に親世帯・奥に子世帯の家を配置し、それぞれのプライバシーを確保した上で、共有の中庭を持つことで緩やかなつながりを計画しました。
門を入り中庭を抜けると大きな玄関ポーチが出迎え、その上部は広々としたバルコニーとなっています。
床の材料は無垢のナラ材を使用し、天井にもパイン材を用いることで、本物の木の香りや手触りを楽しめる家となりました。


子供室にはやわらかくあたたかいコルク床を用いたことで、子供たちは寝そべったり走り回ったりと自由な使い方ができます。
また、可動間仕切りで1つの部屋を3つに区切れるため、将来の使い方の変化にも対応しています。
敷地を最大限に生かし、地下には家での仕事にも使える書斎と寝室を確保することで、夏涼しく・冬あたたかい部屋が生まれました。
1階、2階は大きな窓で隣地の果樹園の広々とした眺望を取り込み、部屋の内外の自然の要素が引き立て合う、非常に気持ちの良い家となりました。

キッチン

キッチンはスタンダードな対面のI型で、木工家具で製作しました。リビング・ダイング・バルコニーを全て見渡しつつ作業が可能です。 大容量の収納も確保し、IH調理器と横引きの換気扇を採用することで、油汚れと無縁の極めて手入れのしやすい機能的なキッチンとなりました。

格子の門とフェンスで囲い込むことで、平凡な駐車場が緑豊かな中庭に変貌しました。小さな庭ながらも、エゴノキとカエデを中心とした四季を彩る草木と、車2台の駐車スペースを両立させています。バーベキューや子供の遊び場としても大活躍です。