FURUKAWA DESIGN OFFICE

株式会社フルカワデザインオフィス一級建築士事務所

東京都渋谷区上原2-1-11-4F  tel 03-6804-8373 info@furukawa-d.com

Hagiyama HOUSE

萩山のデザインリフォーム

築30年以上の一戸建て住宅のフルリフォーム。不要な壁を撤去して生活空間を拡大しつつ耐震補強も行い、家全体のイメージと機能を一新しました。

  所在地:東京都
  構造規模:木造 地上2階
  竣工:2014年
  施工:グランデータ株式会社
     TOMO'S GREEN


















































DETAIL

オーナー

50代ご夫婦
映像作家

敷地

多摩地域の緑道に接する、緑豊かで閑静な住宅地。

ご要望

リフォームのご要望は家のあらゆる部分に及びました。
・リビングが狭く、親族が10人近く集まった際に不便。
・キッチンカウンターで軽食やノートパソコンでの作業を行う習慣があるため、新しく作り直すキッチンにも広々としたカウンターが欲しい。
・洗面所が狭くてきれいに使えない上、ドラム式が置けず乾燥機が外にあるため非常に不便。
・収納量を増やしたい。
・外観をきれいにして家のイメージを改善したい。
・映像の仕事をしているため、テレビまわりの環境にこだわりたい。
等々でした。

全体計画

全体の計画は、
・可能な限り不要な壁を撤去し生活空間を拡大しつつ、耐震補強も。
・日差しを以前よりも大きく取り込み、家全体を明るいイメージに。
・素材感のあるモダンなイメージ。
・既存部分を生かし、新しい要素と古い要素が共存するイメージ。
等がテーマとなりました。

外観イメージと庭

外観は朽ち果てたバルコニーや伸びすぎた樹木を撤去し、玄関のイメージを一新したいとのことでした。特に室内からバルコニーへの段差をなくしたいとのご要望でした。
新しいバルコニーはコンパクトにして、リビングにより太陽の光が差し込むようにし、外壁も塗り替えてすっきりとしたイメージとしました。

 → 

庭はすっきりと全面ウッドデッキにすることで広々と過ごせる場所に。

 → 


玄関

玄関は瓦屋根を撤去して金属屋根にし、袖壁を加えることで入り口の構えを整えました。扉の枠や板張りの壁面はそのまま利用して、扉だけ大きく作り直しました。シンプルなイメージと木の質感が強調された玄関となりました。
 → 


リビング・ダイニング・キッチン

リビングとキッチンの間にあった壁を撤去し、リビング・ダイニング・キッチンを広々とした一つながりの空間としました。また、床はナラ材天然オイル仕上げ、柱と壁面の一部はオイルステイン仕上げで、木の質感を生かした仕上げとしました。
 → 

掃き出し窓は拡大して壁面全体を大きな窓にすることで、明るいリビング空間に。
 → 

テレビまわりの空間も、壁や収納等を取り除いて広々と。
 → 

キッチン

キッチンは壁側を向いた、よくあるI型のシステムキッチンでした。
新しいキッチンはカウンターをリビングに向けた対面型として、カウンターに丸いテーブルを組み込み、軽食や作業スペースとして使えるようにしました。
 → 

また、窓はつぶして壁に作り変え、壁面いっぱいの大容量収納を確保しました。
 → 


洗面

システム洗面台と洗濯機で一杯だった洗面所。屋外の乾燥機への移動も大変でした。
新たに廊下のスペースも一体化して洗面所を拡大し、洗面台は向きを変えてコンパクトなカウンターに作り変えることで、ドラム式洗濯機も置ける充分な洗面スペースを確保しました。
大きなカガミと真っ白い洗面カウンターでホテルの水まわりのような雰囲気の中に、大容量の収納も確保しました。
床にはコルクタイルを用いたため、裸足でも心地よい感触です。

 → 


浴室

0.75坪と狭く暗く、足の伸ばせなかった浴室は、非常に手入れのしやすいハーフシステムバスを入れ、壁面は真っ白なモザイクタイル張りとすることで、明るく広々とした浴室となりました。
 → 

2F和室

和室は収納を撤去することで面積を拡大し、明るいイメージに。
 → 


2F寝室

寝室は動線を変え、壁面いっぱいの収納とすることで、収納量を大幅にアップ。床はコルクタイルに張り替えることで素肌に優しく、冬場の冷え込みを軽減しました。
 →