FURUKAWA DESIGN OFFICE

株式会社フルカワデザインオフィス一級建築士事務所
東京都渋谷区上原2-1-11-4F  tel 03-6804-8373 info@furukawa-d.com

※設計スタッフ募集中。ご希望の方はプロフィールを添えてメールでご連絡ください

PB090010.JPG

REFORM  耐震診断 ・ 耐震リフォーム

1.地震に強い家を目指して

今、良い住宅とはどういうものかを考えると、「地震に強い家」という要素が、誰しもまず第一に思い浮かんでしまうことと思います。
東日本大震災を経験した今、私たちにとって生涯忘れることのできない要素となってしまいました。
地震に強い地域づくりに貢献するためにも、既存木造住宅の耐震診断・耐震補強にも力を入れています。

2.耐震診断のプロセス
・事前調査

家を建てた際の図面を拝見し、現状と違いが無いか確認します。図面が無い場合は現地調査を行いながら図面を作成します。

・現地調査

建物の現在の状態を調査します。外部からの調査のほか、屋根裏、1F天井裏、床下を調査します。家の耐力に関わる要素のほか、劣化部分や基礎・地盤等の調査も行います。調査には2~3時間程度必要です。

・コンピュータによる診断計算

一般財団法人日本建築防災協会の「木造住宅耐震診断プログラム評価」取得プログラムにより、信頼性の高い診断計算を行います。

・報告書・補強案

診断結果について報告書を作成します。補強が必要と判断される場合には、補強計画の作成も行います。

IMG_0406.JPGIMG_0415.JPG

※国土交通省監修の「木造住宅の耐震診断と補強方法」(一般財団法人日本建築防災協会発行)に準拠した調査を行い、精密診断法1(保有耐力診断法)にて評価します。

※診断計算書と補強計画書の作成については、一般財団法人日本建築防災協会の「木造住宅耐震診断プログラム評価」取得したプログラム(P評価2-改1-W)ホームズ君「耐震診断Pro」を使用して行います。

※お住まいの地域の自治体が行う耐震診断・耐震改修費用の助成申請にも対応します。

※診断費用については、物件の大きさや図面の有無により異なりますのでお問い合わせください。

3.耐震リフォームのプロセス
・補強計画・見積りの作成

耐震診断結果に基づき、補強箇所の検討を行います。
筋交いや構造用合板を用いた一般的な工法と、新しい専門工法を適材適所で活用し、費用・工事期間等お客様の負担を可能な限り少なくする方法を提案します。
(主な補強方法は一般財団法人日本建築防災協会の「木造住宅の耐震診断と補強方法」に基づく方法で行います。)

・工事監理

工事中は、補強工事を行う各部分について、工事前・解体時・補強後のチェックを行い、補強計画の通りに正確に工事されたかを確認し、写真と文章により記録を残します。

・工事監理報告書

工事終了後、法定の様式に基づき監理報告書を作成します。

IMG_0256.JPGIMG_0272.JPG

4.普及・啓蒙・研究活動

地震に強い地域づくりにわずかでも貢献するため、地域耐震講習会での講義や耐震相談会を通じ、木造住宅の耐震診断・補強の必要性についての普及・啓蒙活動を行っています。

また、専門家による勉強会や耐震診断士同士のネットワークを通じ、新たな診断・補強技術の研究、最新情報の入手等、スキルアップを常に目指しています。

※東京都木造住宅耐震診断事務所登録
※渋谷区耐震診断コンサルタント
※国分寺市木造住宅耐震診断士登録
※国分寺市木造住宅耐震診断士会所属