FURUKAWA DESIGN OFFICE

株式会社フルカワデザインオフィス一級建築士事務所
東京都渋谷区上原2-1-11-4F  tel 03-6804-8373 info@furukawa-d.com

※設計スタッフ募集中。ご希望の方はプロフィールを添えてメールでご連絡ください

model0.jpg

MODEL&DRAWINGS  模型とパース

model2.jpgmodel3.jpgmodel4.jpgmodel1.jpgmodel5.jpgmodel6.jpgmodel8.jpg

模型

建築家との家づくりでは、出来上がる家の見本をハウスメーカーの住宅展示場やメーカーのショールームのように、建設する前にあらかじめ見ることはできません。

そのため設計の過程では、計画の内容を深めるため、またイメージを共有するために、一般的な設計図面の他に模型やパースなどの表現手段を用いて計画する空間のイメージを伝えます。

まず、模型では建物の全体のボリュームや形、また実際に外観がどのように見えるか、部屋と部屋のつながりはどうなっているのか、などを確認することができます。窓からの光の入り方なども、模型でかなり正確に確認できます。

パース(透視図)

模型では実際にできる室内の様子やどのように空間が使われるのかはわかりにくいため、内部空間は主にパース(透視図)によってイメージを伝えようと考えています。
パースは単なる絵ではなく、空間・人間・モノの尺度が正確に描かれているため、実際に建物が出来上がると、ほぼ絵そのもの眺めとなります。

計画の規模によってはCGを使う場合もあるのですが、模型を作り、パースを手で描く、という古典的な作業を重視しています。
模型をつくることは空間の形をつくりながら考えることであり、パースを描くことは空間の内部をどう使い、家具などをどう配置するか、窓の外にどのような眺めを用意するのか、ということなどを考える手段でもあるためです。